女性生え際後退

生え際の後退といえば男性とおもってしまいますが、実は女性にも生え際の後退の症状が現れてしまます。
女性の生え際が後退する原因にはいくつかの問題があります。

 

1 女性特有のびまん性脱毛症

 

2 ヘアアレンジによる引っ張りの脱毛症(牽引性脱毛症)

 

3 女性も男性と同じ症状になる女性性男性型脱毛症

 

4 産後の抜け毛

 

主にはこの4つが原因となる場合が多いです。それではもう少し詳しく各症状を説明していきます。

 

1 びまん性脱毛症

 

女性の薄毛のほとんどの原因がこのびまん性脱毛症だと言われています。びまん性脱毛症は女性ホルモンが減少することで発症する女性特有の薄毛です。女性ホルモンの一つエストロゲンは女性の髪の毛と密接にかかわるため、それが減ってしまうことで髪が痩せてしまい地肌が透けて見えてしまいます。この状態が生え際に集中すると生え際の後退を感じてしまいます。

 

2 牽引性脱毛症

 

牽引性脱毛症は髪の毛が常に引っ張られることで毛根が弱り髪が抜けやすくなる症状です。常に一束に結わいたり、ポニーテールやエクステンションもこの牽引性脱毛症の原因となってしまいます。アイススケート選手や新体操選手は常に髪の毛を結わいているためおでこの広い方が多いことに気付くと思います。しかしこの症状は結わくことを止めれば自然に回復していきます。

 

3 女性性男性型脱毛症FAGA

 

女性も男性ホルモンを持っており女性ホルモンに対してその量は10/1と言われています。しかし加齢やストレス、過剰なダイエット、生活習慣の乱れによって女性ホルモンが減少し男性ホルモンとの優位差が縮まったときにこの脱毛症を発症することがあります。男性のように髪の毛の毛根自体無くなる危険があるので要注意の脱毛症です。

 

4 産後の脱毛症

 

一般的に出産経験者の5割以上の女性に発症するといわれている産後脱毛症ですが、この場合も出産によって女性ホルモンが急激に減る反動で起きてしまいます。でも一年くらいでは元の状態に戻る人がほとんどなのであまり気にする必要はありませんが、もし一年以上経過しても抜け毛が継続するようでしたら育毛治療を受けるか、自分でケアしていく必要が出てきます。

 

まとめ

 

このように女性も生え際の後退のリスクはあります。しかし男性の後退の原因とは根本的に違うため改善への期待は高めです。日頃からしっかりとした頭皮ケアが大切です。
次からは女性の生え際後退の対策について詳しく解説していきたいと思います。

 

またこれら薄毛を発症しているときは女性の頭皮は乾燥を伴った敏感な状態になっていることが考えられます。

 

こうした女性の生え際の薄毛には皮膚科医が開発した女性用育毛剤が安心です。

 

参照サイト:ミューノアージュ育毛剤は女性の敏感な頭皮に安心