女性生え際後退

びまん性脱毛症による女性の生え際後退対策

女性の薄毛の原因第一位になるのが「びまん性脱毛症」です。

 

びまん性脱毛症の特徴としては頭部全体の髪の毛が薄くなる症状ですが、まれに生え際にその薄さが集中してしまい生え際が後退してしまうことがあります。今次のような悩みがある方は要注意です。

 

1 髪のボリュームが減った。

 

2 地肌透けて見えるようになった。

 

3 髪が細くハリコシが無くなってきた。

 

4 最近抜け毛が多い。

 

これらの症状はびまん性脱毛症の症状です。また体の変化もびまん性脱毛症とつながるものがあります。

 

1 暑くないのに汗をかく

 

2 イライラする

 

3 情緒不安定

 

4 最近太った

 

5 疲れやすい

 

これらの症状は更年期障害によくある症状です。びまん性脱毛症を発症する際もこのような症状を合わせて発症することがあります。つまりびまん性脱毛症と更年期障害は同じ女性ホルモンの減少で発症してしまうことが多くあります。

 

びまん性脱毛症対策

 

さて具体的にびまん性脱毛症を改善するためにはどのようなことをしていけばよいのか?それをまとめてみると次のようなことで対策していきます。

 

1 運動

 

2 食生活

 

3 育毛治療

 

主にはこの3項目がびまん性脱毛症を改善していく対策方法です。もう少し細かく説明すると、

 

1 運動

 

運動をすることで新陳代謝が上がります。また自律神経の働きも整えられるため血行促進や女性ホルモンの分泌を促してくれます。さらに寝ているときに分泌される成長ホルモンや甲状腺促進ホルモンも正常になるため髪のヘアサイクルが整い健康的な毛が生えてくるようになります。運動には有酸素運動(ウォーキング、ジョギング)や無酸素運動(筋トレ、ヨガ)などがあります。本来両方をバランスよく行ったほうが良いのですが、運動もあまりしたことがない人が両方をするのは敷居が高いと思いますので、まずは有酸素運動であるウォーキングを30分から始めてみると良いでしょう。

 

2 食生活

 

食事も髪の毛に直接影響します。年齢を重ねるとすべての栄養素が体中にまんべんなく回ることが少なくなります。代謝が悪くなるので食事の重要な栄養素は中性脂肪に代わってしまうことが多く、本来頭部に回るはずの栄養素が回らなくなったり、血行が悪くなることで、やはり体の末端にある頭部への栄養素が不足してしまいます。ですから狙ってピンポイントで栄養素を積極的に摂取し髪の毛の成長を促す必要があります。

 

3 育毛治療

 

女性の薄毛治療には2種類あります。一つは専門のクリニックでの薄毛治療。もう一つは女性用育毛剤などで自宅治療する方法です。

 

専門クリニックでの治療

 

専門のクリニックで治療をする際ちゃんとしたお医者さんに診てもらうため育毛効果はかなり得られると思います。ただし保険のきかない自由診療になるため全額自己負担。また、治療の際にお薬の副作用のリスクがあることも。また治療費も最新の治療を受けると数百万円になることもあるので、そのリスクも考慮したほうが良いでしょう。

 

女性用育毛剤で自宅治療

 

一方女性用育毛剤で自宅療法をする場合費用は育毛剤のみの値段なのでそこまでコストはかかりません。でも女性用育毛剤を使うときしっかり選ばないと地肌に合わなかったり、効果が薄かったりするのである程度育毛剤の経験が必要になります。育毛初心者が初めて手にする育毛剤を失敗しないための体験談を参考にしてみてください。

 

まとめ

 

このように女性のびまん性脱毛症による生え際後退は自分でも治療が可能ですし、専門クリニックに通うことで高い効果を得られることも可能です。ただしこのうちのどれかを使用しないで自己流の治療は時間の無駄になる可能性があるためあまりお勧めできません。

 

この中でも最もコスパに良いものは女性用育毛剤での薄毛改善です。

 

それについてはこちらのサイトが参考になります。

 

【花蘭咲】からんさ育毛剤で女性の薄毛を改善できる!