女性生え際後退

女性性男性型脱毛症対策

女性性男性型脱毛症FAGAとは女性も男性のような薄毛を発症する症状のことを言います。
どう行くことかというと、女性も男性同様男性ホルモンを女性ホルモンの10/1程度保有しています。そのため加齢やストレスなどによって女性ホルモンが減少してしまうことで、女性ホルモンと男性ホルモンの優位差がなくなり女性の体の中で男性ホルモンが優勢になってしまいます。このとき遺伝的に自分の父親が薄毛を発症しているとその子である女性も父親の遺伝を受け継ぎ男性のような薄毛の症状を発症してしまいます。

 

すこしわかりづらいので次のようにまとめてみました。

 

女性性男性型脱毛症FAGAの原因

 

1 加齢による女性ホルモンの減少

 

女性も40代を過ぎたころから女性ホルモンが減少します。その中でもエストロゲンは女性の髪の毛と深いかかわりがあります。その女性ホルモンが減少することで体の中の男性ホルモンと女性ホルモンの優位差がなくなります。このとき父親や父方の家系に薄毛がいる場合その子である女性もその遺伝子を受け継いでいる可能性が高く、男性のような薄毛を発症してしまうことがあります。

 

2 過剰なダイエットによる薄毛

 

過剰なダイエットによって女性ホルモンが減少してしまいます。直接女性ホルモンが減少するというよりは自律神経が乱れてしまい女性ホルモンの分泌の妨げになるということです。
ですから過剰なダイエットも女性性男性型脱毛症へ発展する可能性を秘めています。

 

3 ストレス

 

ストレスもダイエット同様自律神経に影響します。自律神経はそのほかにも血行や甲状腺ホルモンなどの分泌をつかさどるため、乱してはいけない神経系統です。

 

このように女性性男性型脱毛症は女性ホルモンの減少によって男性ホルモンと女性ホルモンの優位差がなくなったとき、さらに薄毛の遺伝子を受け継いだ女性に限定して発症します。ですから大変珍しい症状ではありますが、最近薄毛が気になっているという方は一応気にかけていた方が良いでしょう。

 

女性性男性型脱毛症FAGAの対策

 

女性性男性型脱毛症を対策するには女性ホルモンの分泌やバランスを崩さないようにしなければいけません。

 

ですから上記にあるように過剰なダイエットやストレスはもちろん生活習慣を見直します。また加齢は仕方がないにせよ新陳代謝を高めることで薄毛を防ぐことが可能です。そのため精力的に運動を行うとFAGA対策に有効です。具体的には有酸素運動を日課にして基礎代謝を高めればよいです。それに加え女性用育毛剤などに含まれる女性ホルモン(エストロゲン)の代用成分を補給してあげると効果的です。