女性生え際後退

血行不良が生え際の後退になってる?

女性の生え際が後退する理由に血行不良が問題となっていることがあります。
髪の毛は血液から栄養や酸素、女性ホルモンを受けて成長します。

 

ところが人の生え際というのは頭蓋骨のせいで皮膚が硬く、さらに男性ホルモンの影響を受けやすいです。

 

一つ言っておきますが、女性にも男性ホルモンがあり、その作用のせいで生え際が後退する可能性があります。

 

このように生え際は髪が育ちづらく、しかも一度抜けるとなかなか発毛してくれない箇所でもあるのです。

 

もう少し女性の生え際が薄くなる原因を説明していきます。

 

女性の生え際が薄くなる血行不良の原因

 

1 血管が毛細血管で収縮しやすい

 

頭部の血管は毛細血管の集まりです。そして生え際というのは頭蓋骨があり、その頭蓋骨は出っぱっているため皮膚と骨の間が非常に狭くなっています。
その狭い中に毛細血管があるため、例えば加齢などによって皮膚が乾燥しやすくなると、頭皮そのものが硬くなりさらに頭蓋骨と皮膚との間が狭くなります。その時毛細血管は収縮してしまうのです。

 

2 アンドロゲン受容体があり男性ホルモンの影響を受けやすい

 

アンドロゲン受容体とは男性ホルモンと結合し作用するセプレーターのことをいいます。なぜこのアンドロゲン受容体があるとまずいのかというと、これは男性ホルモンであるテストステロンと結合することで女性の生え際が男性のように後退していく原因となってしまうのです。
そしてこのアンドロゲン受容体は男性同様女性も生え際や頭頂部に多く存在します。

 

3 ヘアアレンジ影響を受ける

 

女性でヘアアレンジをしない人はいないと思います。ヘアアレンジと言っても幅が広く、後ろで一つに束ねるのもヘアアレンジの一つです。
その締め付けが強いほど脱毛症を起こしやすいです。
これを牽引性脱毛症と言います。

 

生え際の血行不良による後退を改善させるには?

 

生え際の血行不良を改善させるには基礎代謝を上げるための運動と女性用育毛剤の使用が有効です。

 

特に運動は筋トレが有効で女性の筋トレは髪の毛をしっかりさせるばかりか、頭皮の老化も防いでくれます。

 

また女性の筋トレは筋肉が大きくなることがありません。そして有酸素運動よりも基礎代謝を上げることが出来ます。

 

これについて詳しく書かれた記事があるのでこちらを参照ください。

 

筋トレで女性の薄毛改善!