女性生え際後退

女性の脂漏性脱毛症

女性も脂漏性脱毛症にかかる場合があります。脂漏性脱毛症にはある程度段階があります。

 

その段階とは頭皮のべたつき、フケ、かゆみ、炎症?脂漏性皮膚炎?脂漏性脱毛症というように段階を踏んで脱毛症まで発展していきます。

 

その原因の順を追ってみると

 

1 頭皮のべたつき

 

皮脂の過剰分泌であったり、頭皮の汚れがとれていなくてべたつくといったような症状になります。

 

皮脂が過剰に分泌すると古い皮脂も頭皮内に残りやすくなります。

 

2 フケ、かゆみ

 

古い皮脂が頭皮に残ることで、それが酸化し常在菌や雑菌の過剰繁殖になります。そうするとかゆみを伴ったり強烈なにおいがでるようになります。

 

3 頭皮の炎症

 

フケ、かゆみのせいで頭皮が炎症します。この炎症がのちの皮膚炎につながるのです。

 

4 皮膚の炎症(脂漏性皮膚炎)

 

脂漏性皮膚炎は頭皮のかゆみやフケがひどくなった時頭皮が赤ら色になってしまいます。
この状態を脂漏性皮膚炎と言いますが、自己判断する前に皮膚科で見せるようにしましょう。

 

5 脂漏性脱毛症

 

脂漏性皮膚炎の段階で皮膚科に行けば脂漏性脱毛症は防げる可能性が高いです。もっとも脂漏性皮膚炎よりも前に皮膚科に本当は言ったほうが良いのですが...。

 

でも、脂漏性皮膚炎の状態で放っておくと今度は脱毛を伴う脂漏性脱毛症になっていきます。

 

女性の脂漏性脱毛症が多い箇所

 

正直女性の生え際が脂漏性脱毛症になるのは稀です。ほとんどはエクステンションなど頭皮ケアがしづらい箇所で脂漏性脱毛症が発症します。

 

でも、そのエクステをつけているところの発症から生え際まで転移していくことも考えられます。

 

脂漏性脱毛症を防ぐには

 

脂漏性脱毛症は発症してからケアしていくのはとても大変なので、発症する前に予防していきましょう。

 

そのためには

 

1 食生活を見直す

 

食事の偏り特に、脂分の多い食べ物に偏ると、その脂が皮脂の原料となるので気を付けましょう。

 

2 ホルモンバランスを整える

 

ストレスなどがホルモンバランスの崩れの原因となってしまいます。ストレスは自律神経に影響し女性ホルモンの分泌や血行不良を起こしてしまう原因になります。

 

適度なストレス発散を心がけましょう。

 

3 正しい頭皮ケアをしていく

 

頭皮がどんなにべたついてもシャンプーは一日一回、それに加え脂漏性皮膚炎を抑える薬用シャンプーを使いましょう。
シャンプーのしすぎは皮脂の過剰分泌を促してしまいます。

 

以上これらのことをしっかり守って生活すると脂漏性脱毛症は予防できるでしょう。