女性生え際後退

女性の生え際後退を防ぐ女性用育毛剤の選び方

最近は女性の生え際が後退した人を良く見ます。というか私自体年齢が薄毛が気になる年齢に差し掛かったからなのかもしれませんが、非常に最近生え際の後退した女性が目に付くんですよね。

 

ところで女性の生え際抗体の原因はこれまでもいろいろと説明していますが、実際目にする方はこういった特徴があります。

 

1 産後の抜け毛

 

産後のために最高潮まで分泌されていた女性ホルモンが急激に元の量に戻ろうとするため、その変動で髪が抜ける症状を産後脱毛症といいますが、50%前後の出産経験者は元の髪に戻らないとされています。

 

それはおそらく元の量に戻ろうとしたあまり女性ホルモンが元の量以上に減ってしまったことが考えられます。

 

また、産後は授乳などで栄養を母乳や赤ちゃんの相手に持っていかれるため自分の髪へ回ってくる栄養が少ないことが考えらます。

 

2 加齢による抜け毛

 

年齢を重ねると女性ホルモンが減っていきます。特に40歳を境に女性ホルモンは徐々に減り始め更年期と呼ばれる頃には多くの女性ホルモンの現象がみられるようになります。

 

女性ホルモンに含まれるエストロゲンは女性の髪の毛と大きく関係するため、女性ホルモンが減ることで髪が痩せやすくなります。生え際の後退が目立つ女性は生え際の髪が異常にやせてしまっていることが言えます。

 

主にこの二つが原因となっていることが多いです。

 

女性の生え際後退に効く育毛剤の選び方とは?

 

女性の生え際後退に効く女性用育毛剤の選び方とは次の通りです。

 

1 女性ホルモンの代用成分を補充できる成分が含まれる

 

女性ホルモンであるエストロゲンの代用成分としてイソフラボンが選ばれます。イソフラボンは大豆などに含まれるもので植物性エストロゲンとも言われます。これを直接頭皮に吸収させることが女性の生え際の後退に効果的です。

 

2 血行を促進してくれる

 

髪の毛は血液から栄養や酸素などを吸収し育つため血行を促進させる成分は大切です。特に頭皮は毛細血管の集まりで血行不良になりやすいです。それを改善しましょう。

 

3 豊富な栄養素が含まれる

 

上記以外にもビタミン類など髪に必要な栄養素はたくさんあります。できるだけ多くの栄養素が含まれる女性用育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

4 無添加で赤ちゃんにも無害なもの

 

使っていても赤ちゃんに無害なものを使うことが一番大切です。できるだけ無添加成分が多いものを選ぶようにしましょう。

 

これら女性の生え際後退の悩みに答えてくれるのがこちらのサイトで紹介しています。

 

結構参考になるので一度目を通してみてください。

 

参考サイト女性の生え際後退にマイナチュレ育毛剤が選ばれる理由